種類豊富なプラセンタの違い

プラセンタにも製造販売会社によって多少の違いがあります。

種類豊富なプラセンタの違いとしては、使用されている材料にあります。

一番大きな違いは、牛・羊・豚の中でどの動物の胎盤を使用しているかです。

胎盤を使用する事では牛も豚も馬も同じに思ってしまいますが、胎盤は胎盤でも馬の胎盤にはアミノ酸含有量が、豚や羊よりも優秀であるとされています。

しかしアミノ酸のみが目的でしたら、他のアミノ酸を補える物で代用する事も可能です。

プラセンタとして服用する事で、アミノ酸はもちろんの事、活性ペプチド・ムコ多糖体・たんぱく質・脂肪酸・ビタミン・酸素・糖質等様々な成分を効率良く摂取する事が出来るようになるのです。

種類豊富なプラセンタの違いは、商品を購入する際に表示されている成分含有量をチェックする事で、それぞれの商品による違いを感じる事が出来ます。

プラセンタの一般的な効果
■アンチエイジングに効果的
■血行の働きを整える効果
■不必要な老廃物の除去

等があります。
含まれる成分により多少の変動はありますが、一般的に上記に必要な成分は含まれています。
用法容量をしっかり守り、これらの成分を十分活用し体内・体外の健康維持を考えてみると良いのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ